どんな人がテレフォンセックスをするのか?

テレフォンセックスとは電話を使ってセックスをする事ですが、テレフォンセックスをする人の特徴とはどんな人なのでしょうか?もちろん、テレフォンセックスをする人は年々増えつつあるので、今ではいろんな人がテレフォンセックスをしているのですが、電話一本でセックスが出来る、リアルで会わないでセックスが出来るという点から、内向的で人と会うのが苦手な人だったり、すごく仕事が忙しくて時間がなかなかとれない人だったり、後は潔癖症な人なんかもリアルなセックスが難しいのでテレフォンセックスをするかもしれませんね。

それにテレフォンセックスは想像力が必要とされるセックスですから、日頃からゲームなどでゲームの世界にのめり込みやすい人やアニメが好きなオタク系にもテレフォンセックスが向いているのかもしれません。

一方でリアルのセックスが出来ないから、テレフォンセックスをするという人以外にも、リアルのセックスはやり飽きて別の次元を楽しむためにテレフォンセックスにまで手を伸ばしてきたというツワモノまでいるようです。

とにかくテレフォンセックスは気軽に出来る、お金も時間もかからないセックスという点ではメリットはとても大きいですよね。

それにテレフォンセックスといってもその内容は人によって様々ですから、そうゆう意味でもバラエティに富んだセックスが出来る可能性が広がるわけです。

攻め方を覚えておこう

テレフォンセックスも実際のセックスと、お互いが攻めたり攻められたりという点では同じでしょう。

ただ、実際のセックスとは違ってテレフォンセックスの場合、声だけで感じるようにしなくてはいけないので、難しいかもしれません。

自分1人で盛り上がっているだけでは意味もありません。

相手にただ単にエッチな言葉を投げかけたり、吐息ばかりを発していても相手は感じるどころか冷めてしまう可能性も十分に考えられます。

大切なのは、空気を読むということです。

電話であっても、相手が今どんな感じに感じているのか、どんな言葉を求めているのか?というのは分かるものです。

そのポイントさえ押さえておけば、テレフォンセックスは盛り上がると思います。

お互いの言葉で最高潮に感じている時には、二人の吐息や喘ぎ声ばかりになってしまうかもしれませんが、そのような時もあるでしょう。

お互いが興奮状態になってお互い同じように感じることができているのですから・・・。

ですが、そんな興奮状態の中でも、お互い言葉を交わすことで更に快感を得られるはずですから、大切にして下さい。

「こうして欲しい・・・もっとこんな事を言って・・・」と相手から攻めの言葉を求められることもあるでしょう。

時には罵声を浴びせることも攻めの一つのポイントです。

テレフォンセックスで感じていても、相手に対して何らかの言葉はかけるようにしましょう。

そうでないとテレフォンセックスをしている意味がないからです。

テレフォンセックスは言葉で相手を感じさせるものだという事をしっかりを抑えて行うようにしてください。